自転車でやせたい。多摩川・駒沢サイクリングダイエット日記

多摩川サイクリングの魅力

多摩川沿いに走る多摩川サイクリングロードは、羽田空港から、羽村阿蘇神社までまで約55キロの長さがあります。通称「多摩サイ」と呼ばれています。

多摩川サイクリングロードを走る魅力は、なんといっても止まらずに長い距離を走れること。信号がありませんからずっと走って行けます。私の家からなら、阿蘇神社を往復すると90キロ。足を伸ばして奥多摩駅を往復したら140キロになります。(阿蘇神社から奥多摩駅までは国道です)

また、たとえばこんな走り方もあります。多摩サイに乗ったら、羽村と羽田の間をを往復して、もと来たところに戻って来るのです。すると110キロ走れます。

私は、左岸(東京側)ばかり走っています。自転車ブームのピーク?だった2005年頃はロードに乗った私のような「おっさん」がたくさん走っていましたが、今はその頃に比べたら少なくなったように思います。多摩サイは歩行者やランナー、野球少年もたくさんいるので、高速走行はできません。しかし、LSDには最適なコースだと思います。言い換えると、脂肪を燃やすには最適なコースです。(笑)

多摩サイには起伏がほとんどありません。とても楽に走れます。坂道が好きな人は満足できないかもしれません。羽村を越えて奥多摩駅まで行くと、奥多摩駅は標高が400mありますから少し登ります。

多摩サイには坂はありませんが、その代わり向かい風が吹きます。風は朝晩で方向が変わりますから、上流に向かってペダルを漕ぎながら、「行きは向かい風だから帰りは楽できるな」なんて思っていたら、帰りも向かい風になることがよくあります。そして、夏は気になりませんが、秋から冬にかけては気温差があります。羽村あたりはかなり冷えますから防寒対策をしておかないと風邪をひくかもしれませんよ。

私が多摩サイを走る時は、できるだけ補給なしで走ります。基本的に飲み物は水だけ。食事をする場合は、まとまった距離を走ってから食べるようにしています。空腹感を感じながら走るのはなかなかよいです。脂肪を燃やすのにちょうどよいです。しかし、途中で甘いものを食べたり飲んだりすると血糖値の関係だと思いますが、ガマンできないくらい空腹を感じるようになりますからご自分で調整してください。

多摩川の下流から源流まで

多摩サイの起点は、羽田空港国際線ターミナルそばの堤防の上にあります。こういうのアンカーっていうのでしょうか?(写真をクリックしていただくと、画像を撮った日の日記を読んでいただけます)羽田に向かって何度も通っているとだんだん飛行機が好きになってきます。

多摩サイ起点

羽田空港は拡張していた国際線ターミナルも完成して、自転車さえ置ければ、展望台に行って写真を撮ったり、食事もできて楽しい所です。国際線ターミナルの方が人が少なくて写真は撮りやすいです。お店は国内線ターミナルの方がたくさんあります。有名なお店がたくさんあります。

少し足を伸ばして、大師橋を渡り、左折して川崎の浮島町公園まで5キロ弱。ペダルを漕いでいくと寒い季節にはこんな着陸風景を撮ることができます。風向きの関係で、秋から冬は川崎沖から降下してきます。工場地帯ですから、工場萌えの人にもよい場所です。

着陸風景

大師橋を渡って、右折するとすぐに川崎大師があります。初詣は大混雑するようです。毎年1月中は自転車では近寄れないくらい混雑します。仲見世では、トントコ包丁で切るデモンストレーションをしながら飴を売っています。川崎大師に寄り道しても、すぐに多摩サイに戻れます。

川崎大師仲見世

多摩川河口から上流に向かって走ると、丸子橋あたりで、舗装路が途切れます。私は、丸子川沿いに走って、二子玉川を抜けて駒澤大学の玉川校舎あたりからまた多摩サイに乗ります。丸子川沿いは、国分寺崖線と呼ばれていて、湧水が出ているところもあります。

走り始めると、すぐに東名高速道路をくぐり、小田急線和泉多摩川駅まではすぐ。それを越えれば、もう調布市です。このあたりは一度開けて、奥多摩の山がよく見えます。

狛江あたり

何だか距離感というか感覚がおかしくなりそうですが、調布の隣は府中です。焼肉をいつもやっている公園のそばには、サントリーのビール工場があるのですが、一度も見学したことがありません。

府中を越えたら国立で中央高速道路をくぐって、すぐにJR中央線と立川の多摩モノレールが見えてきます。このあたりまでで、自宅から30キロ。

立川あたり

羽村の阿蘇神社周辺は、とても感じのよい集落です。いつもこの辺に住んだらどんな生活になるんだろうと思ったりします。阿蘇神社のそばから水を引いて、用水路には鯉がたくさん泳いでいます。水車がある蕎麦屋さんは、うどん屋さんからカフェになったようです。カフェの前は田んぼ。

羽村のかかし

そして、多摩サイ終点の阿蘇神社。何年か前から自転車お守りも置くようになりました。ひのきの匂いがする静かな境内です。

阿蘇神社

阿蘇神社から奥多摩に行く時は、少し先に行って多摩川橋を渡り、吉野街道を走ります。そちらの方が交通量が少ないような気がします。ここからは軽い登りになります。奥多摩が近づくにつれ、蕎麦屋さんが増えてきます。手打ちは当たり前、十割蕎麦もあります。あちらこちらで食べましたが、一番好きなのは、ことぶき

ことぶき

古里(こり)で青梅街道に合流し、そこからはまた登りです。しかし、大したことはありません。奥多摩に行くといつもわさび漬けを買います。これもあちらこちらで買って試しましたが、一番辛くてうまいのは鈴木山葵農園のもの。だいぶ前にお店がなくなったが、今は奥多摩駅で買えます。わさび漬けは日本酒に合うので奥多摩に限らず、いままで相当買っていますが、ここのが一番うまいです。

わさび漬け

そして、奥多摩駅到着。初めて奥多摩駅に行ったのが、2002年9月でしたが、駅前のお店がどんどん寂れていっているのが気になるところです。今は登山ブームで、登山客は増えていると思いますが、お店の跡継ぎがいないのでしょうか。

奥多摩駅

多摩川は、山梨県・埼玉県の県境にある笠取山の南斜面にある「水干」(みずひ)から始まります。多摩川沿いを走り始めたらきっと多摩川の最初の一滴を味わってみたいと思うようになるでしょう。しかし、水干に行くにはアクセスがよくありません。私は山梨県の塩山市からタクシーを使って笠取山に行きました。そこから羽田空港付近の河口まで全長134キロ。源流を見てから改めて河口に行くと、いかに水が汚れていくのか分かりますよ。もちろん、水干の水は飲めます。話のタネに一度行ってみるとよいと思いますよ。

水干

多摩川サイクリングロードには何でもある

初めて多摩サイを走ろうという人は、どんなものを用意すればよいのかと思われるでしょう。多摩川を羽田から羽村まで往復すると110キロあります。暑いのか寒いのかなどいろいろ考えてしまいます。

しかし、多摩サイを走る時には心配はいりません。ジュースの自動販売機はあちこちにあります。また、水を飲みたいなら、水道もあちこちにあります。真夏でなければ、ボトルは1本あれば十分でしょう。そして、トイレもたくさんあります。おまけにほとんどトイレットペーパーつきです。しかも、意外ときれいです。お腹の調子が悪くなっても大丈夫です。

私が走り始めた2002年頃は、多摩サイ沿いにコンビニが2軒ありましたが、現在はありません。しかし、多摩サイから少し外れればすぐに見つけることができると思います。

また、何か食べたいと思った時も、多摩サイから少し外れて走ればなにか見つかります。今は皆さんスマホを持っていますから、食べログで探せばすぐ近くの店が見つかると思います。10年前は、小さな冊子になった地図を持って走ったものですが、とても便利な時代になりました。

多摩川サイクリングロードを走る前に準備するもの

長い距離を走る時に、一番考えられるアクシデントはパンクです。走っている時にパンク修理はめんどくさいので、予備のチューブを2本持っていると大丈夫です。タイヤが心配ならタイヤも1本あるとよいでしょう。チューブ交換だけはできるように練習しておいた方がよいです。私は、初めてパンクしたときにチューブをタイヤのビードにはさんだまま気づかずに空気を入れてしまい、チューブが破裂してしまいました。

また、川のそばというのは光が乱反射しているらしく、かなり日に焼けます。もちろん目にもよくないですから、サングラスは必要です。私はできるだけ色の入っていない透明に近いものを選んでかけています。なぜかというと、暗い色が入っていると瞳孔が開いて横から光が入ってくるのでよくないと思います。サングラスをかけていると、虫や砂ぼこりが目に入らないのでよいです。

必要な工具は、3ミリ・4ミリ・5ミリの六角レンチとタイヤレバー2本、ポンプ(空気入れ)を持っていれば大丈夫だと思います。これらを入れるためにボトルケージに挿すツールボックスnoneを用意すれば背負わなくてすみます。

そして、ライトnoneは絶対に必要です。多摩サイには街灯がありません。無灯火で走るのはとても危険です。自転車同士よりも、歩行者にぶつかります。歩行者はたいていライトを持っていません。できるだけ明るいものを買うのがよいです。今はUSBから充電する明るいライトもあるようです。

私は前輪をシマノのWH-3N71-Roadというハブダイナモ付きのホイールにしています。ハブダイナモ付き完組ホイールは現在は廃番みたいです。売れないのでしょう。今はショップで組んでもらうようです。

また、特に奥多摩まで行くときには、輪行袋noneがあると安心できます。自転車のボトル・ゲージに挿すことができるタイプのもので、探せばだいたい5000円程度で入手できるはず。輪行袋があれば、天気が悪くなったり、体調が悪くなったり、万が一自転車が壊れたときも分解して持って帰ることができます。

着るものは、暑い季節は正直何でもよいです。しかし、寒くなったら自転車用のウエアーがよいです。タイツやジャージはよくできていると思います。都心と羽村ではだいぶ気温が違うので、シューズカバーがあると暖かくてよいです。寒い日にシューズカバーなしで長時間走っていると足先の感覚がなくなるくらい冷えます。手袋は高いので、私はいつもユニクロ980円です。

雨具は、普段かさばるので持ちません。雨降りそうなら遠くに行かないと決めています。どうしてもの時は、ゴアテックスの山用の雨具の上だけ持っていきます。